あなたのセールスポイントを担当者にアピールしよう

就職·転職を成功させる上で、最も重要なことは何だろうか。これまでの経験や現場で培ってきたキャリアも大切だし、ほかのスタッフと協調して仕事を進めていく明るい人柄もはずせない。しかし、まず、企業の採用担当者にそれを知ってもらえなければ、あなたが仮にこうしたセールスポイントを持っていたとしても、意味はない。

 

企業の採用担当者に最もアピールできる書類が、履歴書である。

履歴書は、採用試験の第一関門であるばかりでなく、就職·転職希望者の人柄や仕事のレベルをありのままに物語る書類でもある。担当者には、履歴書を一目見ただけで、「その人の人柄や考え方、普
段の態度」が手に取るように分かってしまうものだ。書類選考で履歴書が通れば、企業側に採用の意思がある、と考えていい。就職·転職の成否は、まず面接にこぎつけられるだけの履歴書が書けるかどうかにかかっているのだ。

履歴書は、上手に書けば、あなたを面接へと導くパスポートにもなるし、セールスポイントを表現できなければ、「不適格」という烙印を押される証明書にもなる。では、就職·転職を成功させる、「自分を売り込む」履歴書は、どのようにして書けばよいのか。

 

自分の長所を分かりやすく具体的に書く

履歴書は、求人の際に求められる応募書類として職務経歴書や自己紹介書などがある中で、必ず提出を求められる最も基本的な書類だ。しかし、履歴の事実のみをていねいな文字で書いていけばよい、というものではない。現実には、特徴のない「可もなく不可もなし」のタイプが大多数のようだ。

担当者は、こうした平均的な履歴書に「平均点」の評価を決して与えない。むしろマイナスになる。誤字脱字が多かったり、記述のルールを破っているのは話にならないが、「自分を売り込む」履歴書には、担当者にアピールする何らかの「プラス」材料が不可欠だ。

つまり、履歴書を書いていく際には、企業の人事担当者の立場になり、担当者の「目」を意識することが必要になる。履歴書は、担当者に「こういう人なら、ぜひ会ってみたい」と思わせるように仕上げなくては意味がないのだ。

では、最良の履歴書を書くにはどうしたらよいか。履歴書を書くときの大切なポイントはというと、

  • ①見やすい·読みやすい·分かりやすいことを心がけているか
  • ②自分の長所を最大限アピールできているか
  • ③自分の言葉で具体的に書いているか

の3点である。

①については、ていねいなしっかりした文字、用字用語の統一、記述する内容の詳しさにばらつきがないか、など全体の見た目のきれいさと、書く内容のバランスが問われる。

②)では、明るい人柄、仕事へのポジティブな取り組み方、ねばり強い姿勢などを打ち出す。

③では、自分の経験してきた仕事や趣味、特技などを、自分なりに表現する。その結果が、ライバルと差別化できていればいい。

履歴書を書いていくプロセスでは、まず「何を書くか」をじっくり考えてほしい。次に「どう書くか」を工夫してもらいたい。この作業は、そのまま自分のキャリアを再評価することにつながり、就職·転職に際してのセールスポイントを洗い直す上で効果は大きい。

 

 

必ず成功する履歴書・職務経歴書の書き方・見せ方