中高年の転職は人脈(コネ)で決まることが多い

求人広告の年齢制限を見ると、35歳前後を境に求人がグッと減るのがわかるでしょう。それを過ぎた中高年が新聞や就職雑誌で、すぐに希望通りの職種や条件の求人を見つけるのは困難です。ここでは若い人が断然有利。ただし、中高年には、若者にないキャリアがあります。そして、それにふさわしい人脈が・・。

この人脈をフル活用して、仕事を探すのが一番早道。人脈の活かし方は次の3つです。

①知り合いに就職情報を教えてもらったり、相談に乗ってもらったりする

②知り合いが経営したり、勤務している会社に雇ってもらったり,紹介してもらったりする

③仕事関係の人脈を持っていることを面接のときにアピールする

 

人脈を広げるコツは、どんな仕事にも誠実に対応し、どんな場にも積極的に出ること

「仕事は人脈づくりで決まる」と言われるほど、ビジネスに人脈づくりは欠かせません。転職の際も同様です。いろいろな場に顔を出し、知り合いを増やしておくこと。同業者、取引先、学生時代の恩師など、日ごろから密接な関係を保っていれば、いざというとき協力してくれる可能性があります。

ただし、たとえ親類や友人でも、単に親しいからといって、会社を紹介してくれるものではありません。これまでのつき合いの中で、「紹介しても、間違いない」と認められていることが条件です。取引先など、仕事関係者ならなおさらです。相手は、日ごろの誠実な仕事ぶりに接して、初めて「うちで雇おう」「紹介してあげよう」という気持ちになることを忘れてはいけません。

 

③やっぱり、転職サイト、転職エージェントも重要

このご時世、ネットで求人を探さない人はいないでしょう。その時に最大の味方が、転職サイトです。また、転職サイトを経営している会社は転職エージェントもやっていますので、非公開求人が見たければこちらを利用する方が良いです。

どちらを使うにせよ、コネのない若者にしてみたら、「頼れるのは転職サイト・転職エージェントだけ!頼む!」という気持ちでしょうから、上手に活用したいものです。

どこの転職サイトがおすすめかと言うと、王道はリクナビNEXTやDODAといったところになると思いますが、その辺はこのサイト=「転職サイトのおすすめ」が参考になるかもしれません。一度覗いてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

勝つ!!転職・再就職―再出発の手引き